在宅フリーランスの5つのデメリットと解決策

在宅フリーランスの悩み

自宅で仕事ができるのは通勤時間もかからず楽に仕事ができて便利と思う人が多いです。 しかし、在宅フリーランスもよいことばかりではありません。 オフィスがないことにより、自宅で仕事をするようにモチベーションを上げることが必要ですし、長く仕事時間が持てることからだらだらしてしまうということもありますし、オフィスがないことで思うように確保ができないということもあります。 在宅フリーランスにもいろいろとデメリットがあるのです。 そこで、ここではこのような在宅フリーランスが抱えるデメリットの解決方法を紹介していきます。

仕事モードへの切り替え方

仕事をしている中でなかなか仕事モードに切り替えられないという悩みを抱えている人は多いです。 モチベーションが上がらない、疲れた、やる気が出ないといったことを理由に仕事を先延ばしにするという人も少なくありません。 スイッチさえ入れば自宅であるためにすぐに仕事ができますし、かなり長い時間を仕事に割くことが可能です。 そのため集中できたときに頑張ればよいと思っている人もいますが、そのようなことをしていると不測の事態に対応ができなかったり納期に間に合わなかったりする危険もあります。 そこで計画的に仕事を進めることが重要です。 取り組みやすい策として、服を着替えて仕事モードに切り替えたり毎日決めた時間はデスクに向かったりといった方法があります。 仕事モードに切り替えるために仕事部屋を設けたり、仕事用のパソコンとプライベート用途を分けたりといった方法もあります。

運動不足

在宅で仕事をすると家から出なくても一日を終えることができることも少なくありません。 オフィスで働いていると通勤だけでなくオフィス内でも動いており、それがなくなると格段に一日の運動量は減ってしまうのです。 特にパソコン仕事の人は一日中座りっぱなしで仕事をしていることも多く、筋力が落ちてしまう、長時間歩けなくなるといった悩みを抱えている人もいます。 運動不足になると、体力や筋力が落ちるだけでなく睡眠のリズムが崩れることもあり、いろいろな面で体調不良を起こす可能性があり危険です。 そこで気分転換としてジョギングや散歩を取り入れるというのは一つの方法です。 犬を飼っているという人は犬との散歩でも問題ありません。 歩いて運動不足が解消できるだけでなく、外の空気を吸うことによっても仕事に良い影響を与えることがあります。 もう一つおすすめなのがスタンディングワークです。 これは名前の通り経って仕事をするということで、立って作業をすることで足の筋力が衰えるのを防ぐ効果があります。 立っている間に仕事をするという制約を設けることによって集中しやすい環境を作るのにも効果的です。