稼げない時期のフリーランスはアルバイトに手を出すべきか否か

フリーランスの稼げない時期

フリーランスは収入が常に安定しているわけではありません。 仕事に波があり、収入が思うように稼げないという時もたくさんあります。 そのような時悩むのがアルバイトをするべきかどうかということです。 生活するにはお金が必要であり、思うように稼げないとなれば収入を補填するためにほかの仕事をかけ持つということは誰でも考えることでもあります。 そこで、ここでは稼げないときにはアルバイトをするべきかどうかということについて考えていきます。

フリーランスとアルバイトの掛け持ちは望ましくない

あまりフリーランスでの稼ぎが安定していないからと言ってアルバイトを入れることは望ましくありません。 やはり、アルバイトとの掛け持ちになると仕事のスケジューリングが難しくなります。 アルバイトを入れてしまったためにフリーランスでの仕事でチャンスが来たのに逃すということも出てきてしまうためです。 もちろん仕事柄明確に閑散期があり、全く仕事の入らないシーズンがあるというならば話は別です。 しかし、波があり思うように仕事が入らないことがあったり仕事が思うように依頼されなかったりする場合には、できるだけ仕事が安定する方法を考えるほうが堅実です。

フリーランスとしての経験を積む

少しでもフリーランスで安定した稼ぎを得るためには経験を積むことが重要です。 仕事の実績があれば単価が上がったり、仕事が継続的には言ってきたりすることにもつながります。 そこで、思うように稼げないという人は仕事を限定することなくいろいろな仕事を経験して収入を得ることを考えてみましょう。 仕事を限定していると収入も限られてしまいます。 いろいろな仕事に挑戦することで自分の得意ジャンルを見つけたり、担当できる仕事を増やしたり、自分自身のスキルアップになったりといろいろなメリットがあります。

フリーランスは大変

フリーランスになる際には多くの人が「楽に稼げる」「好きなことだけできる」といった勘違いをしているものです。 特に最近ではインターネット広告で「アフィリエイトでこれだけ稼ぎました」といった広告を目にすることも多く、楽に稼げるというイメージが持たれがちです。 しかし、アフィリエイターはもちろん様々な仕事をしているフリーランスの人たちはいろいろな仕事をこなし苦労もしています。 安定的に収入が得られる人や楽に稼げる仕組みを作っている人はそこにたどり着くまでにたくさんの努力をしているのです。 そこで、うまく稼げないからといってほかの仕事で稼ぐことを考えるのではなく、今の状況で少しでも仕事を増やすには、単価を上げるにはどうすればよいかということを真剣に考えて取り組んでみましょう。