東京

シェアハウス生活を開始しました

あこがれの生活

私にとって、かねてよりの夢だったのが「シェアハウス」での生活でした。
これまで長い間一人暮らしを続けていたために、普段の生活に孤独感を感じていた、というのが大きな理由です。

何をするにしても他に一緒にすることが出来る人がいることによって、より一層自分のモチベーションを高めることが出来るのではないかという思いがあってシェアハウスへの憧れを持っていました。

ただ、仕事の都合などもあり、なかなか実現することができていなかったのが事実です。
都合三年程ただの憧れで、実際にシェアハウスに住むということは出来ていませんでした。

それと同時に、憧れはありつつも不安に思うこともあったために、なかなか実現に向けて行動することができていなかったということも大きなポイントを担っていたかと思います。

転機となったのは退職でした。
数年の間勤めた会社を退職し、ノマドワーカーとして独立しようと考えたために、現在の住居に固執する必要がなくなったことが大きかったです。

これによって、住居がどこであっても構わないということになったため、地元を離れて上京し、そこで生活をしたいと考えました。

そこで東京のシェアハウス探しを始めました。
初めはどのような手段でシェアハウスを探せば良いのかと迷っていましたが、やはり自分だけで情報を得るのは難しいと思い、多くの情報が集まっているサイトを利用することにしました。

私が利用したのは下記のサイトです。
>>オークハウス

こちらのサイトには都内のシェアハウスの情報が多く掲載されており、私の希望するシェアハウスを探すのに大いに役立ってくれました。

探すのに掛かったのも数ヶ月程度で、それほど時間をおかずに引っ越しへ向けて活動を開始することが出来たのは途中で挫折をしないで済んだ大きな理由だと思っています。

まだシェアハウスに住み始めて1年程度ではありますが、私がシェアハウス生活を通して考えたことや学んだことなどについて、簡単に紹介したいと思います。

シェアハウスのポイント

まず紹介したいのは、シェアハウスをどのような基準で選ぶのか、ということです。
シェアハウスを選ぶ場合重要なポイントとなるのが「目的型」と「自由型」のどちらにするのかということです。

目的型というのは、一つの目的を持った人達が集まるタイプのシェアハウスで、例えばミュージシャン志望の人達のみが集まっているようなタイプのものがこれにあたります。

私はどちらかというと一つの大きな目的を持ってシェアハウスに入居したいと考えているタイプではなかったため、目的型ではなく誰でも条件さえ満たしていれば入居することが出来る自由型を選択しました。

自由型にも更に細かく色々な種類が存在しています。
例えば入居者の性別についてです。

男性のみ、女性のみとしているシェアハウスが多いですが、中には男女混合で生活が出来るようになっているものもあります。

これについては人それぞれの好みで選ぶのが良いでしょう。
私としては異性が一緒にいると緊張してしまって生活に支障が出そうだと思ったので、男性のみのシェアハウスを選択しました。

少し後悔している部分がないわけではありませんが、おかげで精神的に安定した生活が送れているため、悪くない選択だったと思います。

さらにシェアハウス選びにおいて重要なのが、ハウスルールです。
シェアハウスによって様々なルールが作られており、それによってどんな生活になるのかが変わってきます。

例えば門限が設けられているハウスもあれば、全くそういったものがないハウスもあります。
また、友人を連れて来ても良いか、というようなルールについても違いがあるため、自分のライフスタイルと合わせて検討するようにしましょう。

そして勿論最も重要なのが、住んでいる人です。
シェアハウスでは居住空間自体は別の部屋であるため完全な共同生活というわけではありませんが、私のところではリビングとキッチンが共通となっているため、そこで他の部屋の人達と交流があります。

幸いにして相性の良い人が多く不愉快に思うことはありませんが、これにミスがあるとただストレスの溜まる生活となってしまう可能性があるため、出来れば事前にどんな人達が住んでいるのかを知っておくと良いでしょう。

最後に注意すべきなのが、法律に則っているシェアハウスであることを確認するということです。
シェアハウスの中には元々一つの部屋だったものをパーテーションで仕切って二つの部屋にしているような場所もあります。

この場合、両方の部屋に消防法に則った防災設備をしなければならない決まりとなっています。
こういったことを守れていないシェアハウスは安全的に問題が有るだけではなく、その他の部分についてもルーズである可能性が高いために避けた方が無難でしょう。

と、注意すべき点についても述べましたが、全体としてシェアハウスでの生活は楽しいものです。
希望を持ちつつ、自分に適したシェアハウス探しを始めて見るのは如何でしょうか。