効率良く嫌われる10の方法

話し方、大丈夫ですか?

自分ではうまくお話しができる方だと思っていたのに、ふと、聞きにくいとか、人の批判ばかりで嫌な気持ちになるといわれたりして、かなり傷つくという時があります。
ビジネスの場でもそうですが、プライベートで気のおける人との会話ほど、相手の事を思って発した言葉が相手を傷つけてしまう事もあるし、逆に、傷つけられる事もあります。

お見合いなどの際でも、また初デートという時でも、次回は無理という返答を頂いた方なども、話が上手ではない、人の批判が多いなどから、もう一度会って話をしたいという気持にならないという事が理由になってしまう事が多いのです。

冒頭否定から始まる会話はNGです

人と話をしていて、自分の意見を述べる時「でも」とか「いやそれはさ・・」とか、否定が癖になっている人がいます。
「○○だよね」「でも俺は○○って思うからさ」こうした否定から入る会話は、会話している人にとって「不快」です。

小さい否定で、決してわざと否定しまくろうと思っているわけではないけれど、否定が癖になっていていつも文頭に否定があると、相手はうんざりです。

人の悪口は蜜の味、なんてことはありません

楽しく会話している時、人の悪口ばかりいっている人もいます。
もちろんその場にいない人の悪口なのですが、ふと、もしかしたら私がいない時、他の子と私の悪口もいっているのかも・・と思うと、深入りするのはよそうと思うようになります。

仕事、プライベート、嫌なことはたくさんあるし、ストレスからついつい悪口を言ってしまう人もいると思いますが、自分が悪口を言っていると気が付いたのなら、次から明るい話題に変えていきましょう。
こうする事で、自分の気持ちも明るく楽しくなって、ストレスもなくなるおしゃべりができるのです。

人の話を聞けない

仕事上でも、プライベートでも、じっくり話をしたいと思う相手は、聞き上手です。
自分の話ばかりしていて、相手に話をする隙を与えない、という人もいます。
自分の事を知ってもらいたいという気持があるから、相手に対して自分の話をするというのもわかるのですが、聞いている方の身にもなってみてください。

相手の話を熱心に聞く、その上で意見を求められたらしっかりと相手の気持ちを考慮しながら意見をいう事が出来る、これによって自分の話をきちんと聞いてくれていたんだなという事がわかり、相手も安心して話ができるのです。

目をあわせない、体を揺らす

もちろん、上から目線で常に自分が上位という態度で話をするのもよくないことですが、しぐさ、癖などにも注意しましょう。

目をあわせることが出来ないという人がいますが、これは、話をしているうえでとても不安になります。
嫌なのかな?嫌われているのかなという印象を持ちます。

また体を揺らすという行為、知らないうちにしていないでしょうか。
実はこの体を揺らすという癖については、女性に多いという癖なのです。
リアクションはいいのですが、体を妙にゆらゆらさせながら話をするというのは相手にとって気持ちが悪いです。

逆に考えれば、こうした行為を行う事で効率よく嫌われる方法とも取れます。
すごく嫌な人がいたり、もう一緒に話をしたくないという人、また勘違いしてデートに誘ってくる上司などにはこういう態度をとって興味ないといった口調でいれば、間違いなく嫌われるでしょう。