アナログ手帳を使おう

手帳はとても大切です

携帯、スマートフォンなどがありますが、それでもビジネスマンの多くが手帳を利用されています。
デジタル社会になっても、手帳ユーザーが多いというのはやはりビジネスを行う上で、手帳というアイテムが便利で常に手放せないものなのでしょう。

手帳を利用する方が手帳に求める要素というのはどのような事があるのかというと、「軽い」「個性ある利用ができる」「デジタルと併用できる」という要素です。

自由に利用できる縛りの少ない手帳

手帳に書式を求めないというユーザーも多くなっています。
毎日の日記のように利用したい、継続的に行っている趣味について記録したい、という事で、あえてスケジュール的な罫線や書式が必要ないという方も多いのです。

自由派の手帳は日付が空欄、余白が多い、何を書くという指定がないページがほとんど、というものです。
利用する方が自由に自分のアイデアで手帳を作り上げていくという感じです。
付箋を利用したりシールを活用したり、自由に利用できる楽しさがあります。

日付などが薄く邪魔にならないように印刷されている手帳、また本当に書式がないといってもいい自由な手帳もあります。

手帳「アイテム」も活用しよう

月間スケジュール管理をしたいという人も多いです。
そんな時、カレンダーシールという手帳アイテムを利用すると自由にカスタマイズできます。
貼ってはがせるというタイプのカレンダーシールなので、手軽に利用できますし、開始日を自由に設定でき、「いつからでも」書き始める事が出来るというのが魅力です。

タスク、スケジュールスペースを設けてその他は自分が自由に使いたいという事なら、日付プリントのないフリーダイアリー形式の手帳がお勧めです。
メモやドキュメントなどを自由に書き入れることができるように、全体が4分割されている手帳があるのですが非常に使いやすくオススメです。

ページ内が4つに分割されていて、罫線などもないので、自由に区切りを気にせず利用できます。
5mm方眼なので日記でも趣味の記録でも非常に書きやすく設計されています。

デジタルから帰還先とする手帳

一度は携帯やスマホのスケジュール管理を行っていた、でもやっぱり手帳って便利・・・と、デジタルから帰還する際、利用する手帳も様々なものが人気となっています。
この場合、多くはマンスリー手帳を利用されます。

マンスリー手帳はいったんデジタルに移行して、手帳を持つ、保有するという習慣のなかった人でも、薄くて使いやすくて軽い、デジタルの身軽さとアナログの勝手のよさが融合している手帳が人気なのです。

デジタルと併用して利用するという使い方になるので、こまごまと書く必要もなく、必要な事をかくことが出来ればいいという考えなので、シンプルでマンスリータイプの手帳を求める方が多いのでしょう。